情報処理安全確保支援士会について

 情報処理安全確保支援士会(以下、本会)は、2016 年 10 月に国家資格として創設された「情報処理安全確保支援士」の活躍の場をひろげ、情報化社会におけるサイバーセキュリティを含む情報セキュリティを取り巻く環境が向上することを目的に、任意団体として発足しました。

 情報処理安全確保支援士の相互共助による、「情報セキュリティに関する知識、能力、技能」向上をサポートし、日本社会における安心・安全なコンピュータシステム、および、サイバー空間の確保を目指して活動する、国内で初めての団体となります。

設立背景

 インターネットをはじめとした情報化が市民生活の一部となった現在、サイバーセキュリティを含む情報セキュリティの重要性は、日ごとに高まっております。その対策の一つとして、2016年10月に「情報処理の促進に関する法律」が改正され、「情報処理安全確保支援士」が、新たな国家資格として創設されました。創設から約2年で約18,000名(2019年4月現在)の情報処理安全確保支援士が登録されておりますが、一人一人の情報処理安全確保支援士同士が所属する企業・組織の枠を超えて交流する場が少なく、情報処理安全確保支援士に求められる幅広い知識の獲得に限界がありました。当会は、この現状を打開し、情報化社会におけるサイバーセキュリティを含む情報セキュリティを取り巻く環境を向上させるために、任意団体として設立しました。なお、本会は特定の企業や団体組織に依らない活動を原則としております。

活動内容

1. 情報処理安全確保支援士の自己研鑽や相互共助による、スキル維持と向上できる場の提供

 本会では、会員のスキル維持と向上を目的とした勉強会を定期的に実施することを予定しております。

 本会は、関東圏以外の情報処理安全確保支援士も多く在籍することから、全国各地での開催や、Webミーティングなどを利用した遠隔参加も可能となるような環境の提供、映像コンテンツとしての後日配信提供を予定しております。

 具体的にはサイバーセキュリティに係る、マネジメントに関する領域、テクニカルな領域、国際情勢など、情報処理安全確保支援士として活躍するために必要と考えられる幅広い領域についての専門家講師による講演などを計画しております。

2.情報処理安全確保支援士同士のつながりを広げ深めるための交流活動

 これまで東京、名古屋、大阪に集中しがちだった情報処理安全確保支援士がより幅広く交流できるよう、地域ブロック毎の交流活動を計画しております。具体的には、セキュリティ人材のコネクション形成を目的としたレクリエーション、他団体との親睦、各地域におけるセキュリティ課題の共有や、会員同士のライトニングトーク大会などを計画しております。

3. 国内外の動向に基づく、情報処理安全確保支援士に求められる役割の変化や社会的要請に的確に応えるためのワーキンググループの設置(検討中)

本ワーキンググループでは、情報セキュリティについての様々な施策や制度等の運営に積極的に関わり、日本社会の情報セキュリティの向上に貢献することを目指します。また、情報セキュリティの専門家としての情報処理安全確保支援士の意見を、関係各省庁を含む日本社会に対し発信する活動を計画しております。

団体名:情報処理安全確保支援士会
    英語名:Japan Registered Information Security Specialist Association
    略 称:JP-RISSA(ジェイピー リサ)

所在地:東京都千代田区霞が関1丁目4番1号 日土地ビル2F
    インハウスハブ東京法律事務所内 情報処理安全確保支援士会事務局 

設立日:2019年8月23日